フィン・ユール スペードチェアの修理

 

年に一度ほど名作椅子の修理が舞い込みます。
今回はフィン・ユールのスペードチェア。
工芸的な彼の作品の中にあって量産を目的にした珍しいモデルです。
お子様が背を持って後ろ向きに揺さぶった結果、背と後脚のジョイント部分がポッキリと折れてしまいました。
全体の緩みも組み直し、完治してオーナーの元に戻りました。

関連記事一覧

new post

archive

PAGE TOP