木材としての漆の可能性

IMG_5389

ここ数年、樹液採取後、伐採され放置されていた木材としての漆の可能性を探っています。黄金に輝く木肌は似た色のクワと違い経年変化しないことがわかり、色合いを活かした作品の可能性が期待できます。板に製材後半年ほど天日乾燥に入ります。


関連記事一覧

  1. 山藤イメージ
  2. ルーター作業
  3. 木の話|静岡|家具|森下木工所
  4. 一枚板|静岡|家具|森下木工所
  5. 指物|静岡|家具|森下木工所
  6. 漆掻き職人|静岡|家具|森下木工所

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

オーダーメイド |静岡|家具|森下木工所
森下木工所の家具作り|静岡|家具|森下木工所
仏壇・お厨子お作りします|静岡|家具|森下木工所
|静岡|家具|森下木工所
オンラインショップへ|静岡|家具|森下木工所
sas/morishita|静岡|家具|森下木工所

new post

  1. ルーター作業
  2. タモ製材風景
  3. IMG_5389
  4. タモ無垢のテレビボード
  5. スクリーンショット-2020-11-17-13.06.40

archive

PAGE TOP