sas / morishita

sas / morishita

指物による 工業デザイン的アプローチ

自分たちは木工の伝統にあぐらをかいていないか?一歩前に進むために、新しいものづくりをしよう。
私たちが求めたのは、デザイン構築に合理性を追求する工業デザイナーのアドバイス。

sas|静岡|家具|森下木工所

たたき台として上がってきたデザインは
人工的素材前提の
3Dプリンターで出力したような一体構造。
木組みというより彫刻に近い。
まずはどの部分で木を組む納まりにするのか、
現実的なパーツ分け作業から始まった。
テレビで見た仏像製作における部品分けのようだ。

次の工程は、ソリッド素材前提の華奢な意匠を
木材で解決するための構造アイデア出し。
肉(厚み)のない部品の
どの位置にほぞを持ってくるのか?
強度は保てるか?
経験+柔軟なアイデアが必要になってくる。
指物技術 VS 工業デザインの様相。

仕口|静岡|家具|森下木工所
ろうそくほぞ|静岡|家具|森下木工所

部分的な試作を何度も重ねる。
ひとつのアイデアが現実的でなければ
一歩戻るの繰り返し。
クリアできたら次の部品の構造に進む。
強度的にすべてが達成できたら、いざ本番。

工業的な素材を意識した
「細さ」「薄さ」「少なさ」の意匠を
実現させるためには結局、
指物技術による裏打ちが必要でした。

sasサイドテーブル|静岡|家具|森下木工所

薄い天板でも強度が保てる「送り蟻ほぞ」

チェアの背と肘の接合「蟻形落とし接ぎ」

sasシェルフ|静岡|家具|森下木工所

貫通したようにみせる「肩付変形三枚組継ぎ」

かんなによる手仕事が生きるグリッドライン

sasダイニングテーブル|静岡|家具|森下木工所

寺社建築の雲形肘木を参考にしたデザイン

扉の枠組み「挽き込み留接ぎ」

「 sas 」= 「指す」

日本の木工は大きく分けて、指物(さす)刳物(くる)挽物(ひく)曲物(まげる)の4つに分類されます。
我々の領域は、ほぞ構造で木と木を指し合わせて家具を組み上げる「指物」の仕事。
「sas/morishita」は、今後の指物のグローバルに向かう方向性を願い、この「指す」から名付けました。

 

下記全8アイテムをご紹介します。写真をクリックすると個別の詳細ページに移ります。

sasチェスト|静岡|家具|森下木工所
sasダイニングテーブル|静岡|家具|森下木工所
sasダイニングチェア|静岡|家具|森下木工所
sasシェルフ|静岡|家具|森下木工所
sasサイドテーブル|静岡|家具|森下木工所
sasキュリオケース|静岡|家具|森下木工所
sasセンターテーブル|静岡|家具|森下木工所
sasソファ|静岡|家具|森下木工所
previous arrow
next arrow
PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

森下木工所に電話|静岡|家具|森下木工所

お問い合わせはこちら

お名前
メール
電話番号
ご用件
お問い合わせ内容

森下木工所の家具作り|静岡|家具|森下木工所

PAGE TOP